中学受験の準備について必要なもの

中学入試を子供に受けさせるにあたってはいろいろな準備が必要になります。
まずは子供に意識させること、そして子供の適正を見極めることです。

中学受験を受けさせて私立や国立に進学することで子供が伸びるのか、または地元の公立に進学して自分自身で高校、大学の進学の選択を自分自身で考える余地を大きくする方がいいのかです。
前者の場合に子供に中学受験を受けさせることになるのです。

次に子供への動機づけです。進学塾に通うのは小学3年生、または4年生からです。
中学受験を受けることでどんな準備が必要なのか、中学受験をクリアすることで中学、高校の生活がどういったイメージになるのか子供に伝えなくてはなりません。

最終決定はやはり幼いながらも子供にさせるべきなのです。あくまで親は動機づけです。
ここが終われば、進学塾選びです。

個別指導、競争が厳しいところ、または自由闊達なところがいいのか、子供の適正を見ながら決定していきます。
この塾選びが何といっても大きなポイントです。
今は事前に公開授業などもありますので子供と一緒に雰囲気を感じるために訪問することも重要かと思います。

あとは進学塾に通いだした後の子供のオンオフの切り替えを親がケアしてあげないといけません。
長丁場になるため、いくら頑張り屋さんでもオンオフなしではやり遂げることは不可能です。
学年が上がるとともにペースは変わりますが、親として一番大事な役割がここにあるといっても過言ではありません。