中学受験を受ける意義について

中学受験を受けるかどうかは、現在は子どもの意思よりも親の教育方針による部分が大きいのが現実です。

実際の中学受験の受験率は都市部では20パーセント以上にのぼることもあり、かなり受験率は高くなってきている状況です。
では中学受験を受ける意義というのはどういったところになるのでしょうか。

まずは学力面。中学受験を目指す場合、高校まで一貫で大学受験に備えることを目指すという学校を目指すパターンがあります。
もちろん、中高一貫なので長期プランで大学受験までを考えることができ、学力アップには効率的であることは間違いありません。

また、大学まで一貫校というパターンもあります。
学力はもちろん、机上の勉学以外の経験を積ませることに注力することもできるので人気があることはいうまでもありません。

例えば一貫校のために先輩後輩との関係が近くなり、コミュニケーション能力も高くなりやすいです。
また、しつけ、経験という意味で地元の公立ではなかなか行いにくい一貫した方針を貫くことができるため、学校の方針に合致していれば、公立よりも好まれる場合もあります。

いずれにせよ、子供の性格や学力とこれまで記述してきた事を総合して中学受験を受けることの意義は考えるべきです。